HOME > 安全と衛生
head_img_slim

安全面と衛生面 (下の項目をクリックするとジャンプします)

個人情報について
安全性について
消毒について
痛くない鍼を求めて


個人情報について

 安全上や税務上の関係から、カルテへの記入をお願いしております。
 カルテには最低限ご本人様の連絡先を、学生やご高齢の先輩方にはご家族の連絡先の記入していただきます。
 ご記入いただいた個人情報に関しては、安全面から考えてパソコンへの入力などをしていません。ただし、メールアドレスをご記入いただいた方のお名前とメールアドレスは、情報メール発信のためにメーラーへ登録させてただいております。
 カルテの施術所外への持ち出しは厳禁として管理しています。
 よって、皆様へのご案内や申請書関連書類や領収書の発送、注文商品の発送、キャンセルによる時間変更、体調の状況など必要な状況以外は、記入いただいた情報を使用することはありません。



安全性について

 当センターでは、ツボへの刺激用の浅い刺し方をする鍼と、筋肉の硬結やトリガーポイントを刺す鍼とを分けております。
 使用する鍼(当センターで使用する鍼について)は、鍼自体の重心位置における取り扱いやすさや材質、メーカー様の姿勢などを考慮して選定しています。
 最初の実験の様子(一部)は録画したので、YouTubeにあげてみました。




5本セット鍼  一般的な鍼施術で使用される鍼です。
 浅く刺しても鍼が倒れにくいように、持ち手のところがアルミ製となっています。鍼は筒に入れて「トントン」と叩いて入れることが多いですが、私の叩くスピードと鍼先端の形状がマッチしているようです。また、鍼の重心バランスもよく扱いやすいものを使用しています。
深めにさす場合に使用します  多少深く刺す施術に使用する鍼です。全てこの鍼で施術すことも多いです。
 「先端がやや丸い形状の方が痛みが少ない傾向がある」ということで、セイリン社のJSPタイプを使用しています。
 また、他の鍼灸院にて鍼施術を受けた際に、鍼の痕が赤くなるなどの症状が出る方には、全ての鍼施術は此方になります。
 ※この画像では、中央の青い箱のモノだけ鍼先の丸いタイプではありません(^^;注文ミスです…
鍼の数え方  通常、鍼が入っていた梱包素材(画像では5本1パックのモノ)の数とカウンターによる実数カウント、抜鍼後の数合わせを行います。
 また、鍼は抜いたときに曲がり具合、先端の確認をそれぞれ行っています。
1日目保管中  使い終わった鍼は、翌日まとめた状態のままで保管します。
 何かあった時に確認するためです。
 人の体に入ったものなので、安全な場所に保管します。
2日目保管中 さらに次の日は、引き出しのステンレス製鍼皿に集めて保管します。
 2日たった鍼は廃鍼用小容器に集めて、廃鍼が入った小容器を医療廃棄物用コンテナに収納。
 その後、年に一度は専門業者に委託して廃棄します。専門業者は、静岡県知事から認可された業者を利用しています。
紫外線保管庫行  未使用の鍼ですが、5本セットになっているが故に余る場合もあります。
 封を切った以上は時間を空けて使用するわけにいきません。また半端なパックを使うと、使用本数がわからなくなることがあります。よって紫外線保管庫へ入れます。
 集まった半端な鍼をどうするかというと…自分用の鍼施術に使用します。



消毒について

 既に見ていただいた画像にあるように、鍼、鍼皿共に使い捨て(ディスポ―ザブル)タイプを使用しております。ディスポ―ザブル用具を使用することは、保健所への開設届提出の際に申請条件に入っています。
 プロアマ問わず国際大会だけでなく冬場のマラソンや駅伝に出場したり、市民マラソンに出たりと選手や愛好家が多数来所します。それだけでなく子供から高齢者の方も来所しています。血液や体液由来の感染症だけでなく、風邪や下痢など含む感染症についても配慮しています。
 脊椎外科の権威であった我が師匠の口癖「外から持ち込まない。中から持ち出さない」という意識の下、細心の配慮を行っております。皆様も是非ともご協力ください。

入口横 室内 ワゴン上
 ドアを開けた右脇に自動噴霧型を設置。
 手洗い代わりに、入退室時にご利用ください。
 ストレッチ指導エリア(ベッド増設スペース)にも置いてあります。
 鍼灸ワゴン台上にもポンプタイプがあります。
 皮膚消毒の綿花は、使用の度に作ります。


痛くない鍼を求めて〜鍼先の話〜

セイリンの鍼先はこうなります 幾度となく「痛くない鍼=針を刺す技術」みたいに書いてきましたが、一つの物理的要因としての「痛みを感じる」という可能性を下げるということで、メーカーの努力によって色々と出ております。
 右の画像は、セイリン社様のサイトよりお借りしました。通常の鍼先はJ-typeのような形状。当センターでトリガーポイントなどを狙う深めに刺しいれる鍼はJSPのような形状です。
 詳細は、時間を見ながらページ作成してきますが、当センターにお尋ねいただいても結構です。



お問合わせ・予約はコチラへ!

icon 電話番号055-973-6626
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る