HOME > 料金・施術について
head_img_slim

料金表

★総合コース(鍼灸・リンパ系マッサージ・各種療法の併用)

◎初検料  2,000円(紹介・HP見た場合は半額)
◎再検料(6か月以上開いた場合) 1,000円

 陰陽マーク 総合基本タイプ     5,500円(初回共通)

 陰陽マーク ロングコース      8,250円

 陰陽マーク ダブルコース      11,000円

 陰陽マーク 美肌トータルコース   8,000円

 陰陽マーク 男女不妊総合      4,500円(2回目以降)

注)総合コースの場合、2名施術は可能です。


★リンパ系マッサージ専科(マッサージのみ希望の場合)

 陰陽マーク 基本コース       6,000円

 陰陽マーク ロングコース      9,000円

 陰陽マーク ダブルコース      12,000円

 陰陽マーク ショートコース     3,300円


★各種専科

 陰陽マーク 吸玉療法(カッピング)  3,500円

 陰陽マーク 頭皮鍼療法(山元式)  4,500円

 陰陽マーク 美肌鍼(顔のみ学生対象) 3,000円

 陰陽マーク 局所施術(2回目以降)  2,500円〜

※学生の局所施術の場合は、最大3名まで同時に施術可能


 

施術の流れ

では、まず初めての方の流れを追っていきます。

カルテ記入と問診

1. 来店後、先ずはカルテを記入します。
2. カルテを元に顔色や声質や生活の状況、症状について色々とお話を聞きます。

東洋医学的な情報収集をします。

3. 最初に脈を診ます。脈診
 
4. 舌の状態を観察。舌診
5. 眼の状態を観察。眼診

各種テスト法にて体のクセと原因を探ります

6. 座位、立位による患部の観察、触診。
7. 動作テストにて、重力負荷線や体の歪みを確認。M-Test、徒手検査

★例1. 頚のテスト法(M-Test)
 
★例2. 肩のテスト法(M-Test)
 
 ※もちろん、腰や足はベッドに横になって調べます。
8. 説明の後、施術に入ります。
 ※症状等により、仰臥位・伏臥位・側臥位スタートになります。

施術の実際

9. 刺さない鍼(てい鍼)で腹部の皮膚を探りながら全体に刺激を入れます。接触鍼
 ※下の動画は背中を施術していますが、肌の状態等を見ながら刺激を加減します。
 
10. もう一度、手首の脈を確認します。脈診
11. 脈を元に、てい鍼を使用して脈証に合わせた調整をします。
 
12. お腹を軽く押して「痛い」「気持ち悪い」「嫌な感じ」「硬い」を探ります。腹診
13. 一番痛いもしくは一番嫌な場所を目安に、手足のツボを使って腹部の調整
14. その後もう一度腹部を確認して、伏臥位になります。
15. 背中の状態を確認後、背中のツボ使って施術をします。
16. その後、症状によっては局所施術もしくは吸玉(カッピング)あるいはかっさを行います。
 
17. 患部と関連する部位のリンパ系マッサージ
18. 主訴の確認と動作の確認

施術の終了

19. 着替え後、施術後の状況説明と施術計画の説明。

終了となります。


 

施術内容について

はり・灸(古より伝わる方法と運動学を融合)

鍼施療中◆鍼はすべて1回限りの使い捨てタイプ(ディスポ―ザブル鍼)を使います。
◆灸は棒タイプ以外はすべてモグサを撚って使います。
◆基本的に鍼は3〜5mm程度の深さですが、来所者の皆様にはそれに拘らずにいていただければと思います。
◆「ただ何となく」でも「なんともないんだけど」という状態、いわゆる健康管理的なご利用方法でも鍼灸治療はできます。
◆手首の脈をみる「脈診」、舌を診る「舌診」、目のを診る「眼診」、お腹を診る「腹診」を中心に東洋医学的な診察をします。
M-Testという全身を動かしてチェックする方法で、身体のクセをはっきりさせます。
 「太い鍼でも痛くなく」、「肌に載せる灸も熱くなく」を掲げています。
 刺さない鍼を使って調子を整える方法もあります。

抜罐療法(吸角、吸玉、竹筒、カッピング)

抜罐・カッピング療法  水牛などの角を使えば「吸角」、陶器やガラスの球を使用すれば「吸玉」、コップなどを使用すれば通称「カッピング」。さらには節のある管状のモノ(多くは竹ですが)を使用したりします。
 当センターでは、竹筒を漢方薬で煮出した薬液を使った「薬罐療法」あるいは中に薬液を入れる「水罐療法」の施術はしませんが、一般的に行われている通常の竹筒、ガラスカップによる吸玉療法・カッピング療法を行っています。
 冬の季節や夏場のエアコンの冷えなどの場合、他院では取り入れられていない「温熱吸玉療法」を施術しております。冬以外の場合は準備が必要ですので前もってご連絡いただけますと速やかに行えると思います。
 また、エステや整体などでみられる上から下まで背中一面に抜罐をしている画像がありますが、本来はツボを狙うべき方法なので推奨できません。
 吸い痕が真っ黒になるほど吸い上げられたケースも見受けられます。本来の目的とは逸脱しています。完全に傷害罪のレベルになりますので、利用する皆様には程よい陰圧にて施術を受けていただきたいと思っています。
 これはこれで素晴らしい方法です。
 

手技療法

リンパ系マッサージ(リンパ系スポーツマッサージ)

マッサージ 疲労物質を運ぶ「リンパ液・リンパ管」は、筋肉の間を流れています。その構造は静脈とよりも逆流を防止する弁が多くあり、細いリンパ管では2〜3oおきに存在します。
 よって、国家資格を持たないエステやリラクゼーション店のように「皮膚表面をさする」だけでは、効果的な方法とは言えません。
 元来、人間の体は肉体を動かすことによって正常な状態を保てるように設計されています。遵って「筋肉を動かせばリンパ液は流れる」ということがリンパ液を流す原則になります。世界を所狭しと飛び回るトップアスリートのケア、エネルギッシュに舞台を駆け回るアーティストのケア、そしてデスクワークによって凝り固まったデスクワーカーへのケアを基に研究し、現在のリンパ系マッサージに至りました。これからも更に進化していきます。

 リンパ系マッサージの特徴は、単に筋肉をもみほぐすのではなく動作学的な分析の基、重力の加重線や体のクセ、筋膜の繋がりを考え、筋肉を大きく動かして行くことで隣接する筋肉同志の癒着を剥がし、深部まで緩めて筋肉の「ポンプ作用」動力としての働きを回復させます。リンパの流れはそれに追従します。
 故に「リンパ系マッサージ」という名称を使います。
 悪循環を生んでいる筋肉の硬結を解き放ち、血液やリンパ液の循環を促すようにすることで、体がホカホカしてきます。
 自然治癒力の回復させ、日々の生活への活力を持たせることを目的にします。

顔筋(美顔)マッサージ

美顔マッサージ

 顔にも筋肉が多く存在していて、手足から延びる筋膜に覆われているたるために全身からの影響を受けやすく圧迫されることによって筋肉の活動も制限される。そのため細い血管が多い顔では血行不良による組織の不活性による不具合が起きやすくなると予想できる。
 よって、顔に関係する筋膜を緩めるとともに筋肉をマッサージすることで循環を促して組織を活性化させ、顔の深部からの血色の良さを引き出す。
 軽度の顎の不具合であれば自然に矯正でき、化粧水の後に軽くパウダーするだけでも施術前との差を感じられると思います。
 ただ、筋肉も薄く小さいため、乱暴に扱うとしわやたるみの原因となる可能性もあるため、あん摩マッサージ指圧師の施術を受ける様にお願いしております。。




 

使用する機材(よりシンプルに、扱いは多彩に)

毫鍼一般的な鍼。太さは0.14〜0.24ミリ、長さは10〜90ミリまで揃えています。
てい鍼尖端が丸い刺さない鍼。主に脈の調整や小児鍼、痛みに弱い方にも使用します。
灸頭鍼毫鍼の上にモグサを丸めて乗せ、火をつけます。深部の冷えがある場合に用います。
パイオネックス貼る鍼で、鍼長は0.3〜1.2ミリ。動いて良くする時や慢性的な硬い場所に用います。
米粒大直接灸免疫機能を利用してアレルギーや冷えによる痛み、炎症などを抑えるのに利用します。
知熱灸じんわりと熱を患部の中に入れたい時、または腫れがある時に消腫目的で使用します。
棒灸火を近づけたり遠ざけたりして、じっくりと熱を入れる様にします。家庭向け。
吸玉コリや硬さのある部位、痺れなどのある部位、鍼が苦手な方にも代用します。

 

お問合わせ・予約はコチラへ!

icon 電話番号055-973-6626
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る