コンディショニングセンター伊豆

055-973-6626
受付時間:AM10:00〜PM8:00

文字サイズ

よく頂く質問

コロナ禍ですが、何か制限はありますか?
 移動などがあった場合は、一定期間を経てからの来所をお願いしております。CDCの内部資料によれば、水痘に匹敵する感染力とのことです。私も電車通勤の為、日々ビクビクしておりますが、「正しく恐れる」という姿勢が大切なのだと思います。
 身の回りに発熱者やPCR検査をされた方はいなかったかをご確認頂くとともに、来所後に発熱など体調変化があった場合は、すぐにご連絡いただくようお約束をお願いしております。
 鼻水や風邪症状を有する場合は、コロナ禍ですので予約をご遠慮ください。
鍼や灸はやったことがありません。痛いですか?熱いですか?
 裁縫で針を指に刺してしまったとか、安全ピンを指してしまったという経験はある方が多いと思いますが、あの痛さに比較するとぜんぜん痛くありません。場所によっては痛みを感じないうちに(気が付かないうちに)刺さっている場合もあります。また、灸も厚さを調整しますが、チクッとするような感じで終わることが多いです。タバコの大型版のような「棒灸」などでは、温かさを感じるだけで済むものもあります。
リンパマッサージは痛いですか?
 受け手の感覚を大事にしますので、「痛い!」と思ってつい力が入るわけですが、そうならない程度の強さで調整しますのでご安心ください。
 当センターのリンパマッサージは、日本のリンパマッサージの源流を引き継ぐ方法です。リンパは通常滞ることはなく、運動不足や長時間の同じ姿勢をするとこでリンパの流れを悪くします。
 そのリンパの邪魔をしているのは、硬くなった筋肉。またその上にある筋膜(ファシア)であったり、間接的には軟部組織といわれる部分でもあります。
 エステなどでは皮膚を擦ったり、リンパ節をもんだりしますが、それだとばい菌や炎症などと戦っているリンパ節に対してよくない行為となることがあります。よって、リンパを滞らせているのは「まずは筋肉」、「次に皮膚と筋肉の間の組織」ということで、筋肉に対して直角方向と長軸方向へ揉むことを主体にしてマッサージします。
別に症状がないですが、行ってもいいですか?
 ぜひお越しください。マッサージは、昔から湿気の多い日本には「あん摩」として根付いた体調管理の一つとしての歴史がありますので、「やってみようかな?」くらいの気持ちでもご利用いただいても全然問題ありません。
 また、鍼灸も脈をみたり、お腹を押すことで、感じていなかった体の不調の部分を探し出します。その改善を行いますので、症状がなくてもマッサージや鍼灸共に問題なくお越しください。
スポーツをやっていませんが、大丈夫ですか?
 はい、問題なくお越しください。
 今は一般の方が殆どなので、気にせずご連絡ください。
不妊ではないと思いますが、これから妊活をしようと思いますが。
 「妊活に」というわけではなく、「身体の不調を整える」という感じでご利用いただくとよいかと思います。
 鍼灸治療は病名や症状だけで組み立てるわけではなく、今の体の状態や今までの身体の歴史を追って行きます。症状と体の状況が相反しているときもあります。
 お腹を軽く押して、ヘソ周りや下腹部、みぞおち、意外と左右の横の方などに硬さや痛みを感じることがあります。ヘソ周りは婦人科系の特徴的な傾向です。それを改善していく方法をとっていますので、気が付かないところも含めてよくしていきましょう。
乳幼児や高齢の方も大丈夫ですか?
 はい、殆どの場合は問題なくお越しください。
 「殆どの場合」というのは、高齢者の方で階段で2階まで上がれない場合です。
 乳幼児の場合は鍼で擦ったり、刺さないタイプの鍼で肌に当てるだけの方法がメインです。
足や腕に麻痺があります。
 脳血管障害あるいは脳障害による症状の場合は、YNSA(山元式新頭鍼療法)で対応します。発症からの期間が短ければ短いほど、改善の具合が変わります。しかし、脳の神経が再構築するのに時間はかかるので、その点はご承知ください。
 また、子供たちの脳性の病気に対しても、試しにやってみたいということであれば、声をかけてください。
趣味でゴルフやテニスをしているだけですが
 スポーツのレベルは全然問いません。
 子供たちのスポーツから、大先輩方のグランドゴルフやゲートボールでもOKです。

その他質問がありましたら、メニューの問合せよりご質問をどうぞ。

受付

※予定はトップページ「告知板」を参照。

受付時間 10:00〜20:00
再来所者最終 19:00
ー お休み